【今月の事務スケジュール】                                                 加入事業所様へ2022月9月度の事務スケジュールをご案内申し上げます。                                      今月の事務スケジュールはこちら

【重要】
『はぐくみ基金への届出方法が変更されています』

企業型DC実施事業所の皆様は必ずご確認下さい
2024年12月の法改正(「DC 拠出限度額の見直し」)のとおり、2022年10月までに、事業主より従業員に対し、企業型DC及び個人型DC(iDeCo)の上限金額が変更される旨を周知する必要がございます。
 >>詳しくはこちらをご確認ください。

あわせ、はぐくみ基金の「DB仮想掛金額」を従業員へ周知いただく必要が御座います。
 >>はぐくみ基金の「DB仮想掛金額」についてはこちら

上記どちらも、2022年9月中にお知らせ頂く必要がございますため、事業所様から従業員の皆様へのご周知のほど、よろしくお願いいたします。
10月が「基準給与変更月」の加入事業所の皆さまへ
基準給与変更届(DCBアップロード用)のご提供について

10月が掛金変更月の事業所様基準給与変更届用データ(※)をご希望される場合は、基準給与変更届用データを予めご依頼頂く必要がございます。(掛金変更月は、各事業所の「資産形成DB手当給付規程」第4条で確認ください)

【※基準給与変更届用データ :作成時点の加入中の加入者全員が掲載されたデータで、変更後の基準給与をご入力いただいて、DCBにてデータでアプロードいただくもの】

■■株式会社ベター・プレイス提供のシステム(はぐone)から申請頂く場合は、こちらのアップロード用フォーマットでのお届けは必要ございません。■■(はぐone)から申請頂く場合は、最新の基金データをご請求下さい。また、届出書類の提出が重複しないようご注意下さい。

1.基準給与変更届用データご依頼手順 
① はぐくみ基金宛に、メールにてご依頼ください。「kikin@hagukumikikin.jp」
   ◇ご提供開始日:9月26日(月)
   ご提供開始日より、依頼頂いた順にご提供いたします。お早めにお申し出ください。
   ◇依頼メール締切日:10月6日(木)
   届出処理のため、アップロード用基準給与変更届の提供を中断いたします。依頼メール締切日を過ぎてのご依頼について
          は、ご提供が10月事務締切日以降となり、ご提供日のお約束はできません。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

②メール件名・本文への記載事項 ※下記内容を、件名・本文に反映の上、ご送信下さい。
      ---------------------------------------------------------------
   件名 :基準給与変更届(DCBアップロード用)の送付依頼
  ---------------------------------------------------------------
   本文 :事業所番号
       事業所名
  ---------------------------------------------------------------

③ご依頼頂いた事業所様分をクラウドファイルサーバー上にご提供いたします。
基金事務局よりURLのお知らせメールとパスワードメールが届きましたら、アクセス可能となりますのでダウンロードしてお届書を作成下さい。
※アップロード用の基準給与変更届は8月末現在の加入者情報がセット済で「変更後の掛金のみ」を入力して頂く仕様となっております。詳細はご提供時にもご案内いたします。

2.基準給与変更届データのご提出
④受取フォルダURL(10月14日事務締切分)にアクセスしてアップロード下さい。
ファイル名称 「基準給与変更届_yyyymmdd(送信日)_事業所番号」
事務締切日:10月14日(金)
Q&Aチャットの新機能をご利用ください
はぐくみ基金ホームページ右下の「はぐくみに質問する」アイコンをクリックすると、よくあるご質問にお答えできる「はぐくみチャット」をご利用いただけます。
毎月、皆様から頂戴するご質問をおまとめした、便利な機能となっておりますので、是非この機会にご活用ください。

なお、フリーワード(文字を入力して質問)でのご利用の方は、恐れ入りますが単語は1つのみで検索をお願いいたします。
また、文章等の入力はお控えください。
クラウドファイルサーバーの利用開始について
2022年4月18日(月)より、クラウドファイルサーバー(名称:DCB)を利用した各種届出の受付を開始し、 はぐくみ基金あてメール(kikin@hagukumikikin.jp)では各種電子メール用フォーマットの異動届の受付が中止されています。(基金へのご連絡・お問合せはこれまで通りご利用頂けます)
ネットワーク上の受付ボックスにアクセス頂き、各種届出をアップロードしてご提出頂けるサービスとなります。これまでの電子メール添付での授受におけるリスク(誤送信・処理漏れ・等)を改善し、安全・確実にお届けいただけるようにいたします。

※詳しくは、はぐくみ基金ホームページ内の「重要なお知らせ」をご確認下さい。
「重要なお知らせ」はこちら

各事業所様に郵送で書類送付をしております。
内容をご確認いただき、ご返送の程よろしくお願い申し上げます。
納入告知書類の送付先について

◆令和4年5月発送分より納入告知関係書類の発送先が限定されています◆

納入告知書類の送付につきましては、下述の法改正のとおり、「はぐくみ基金にご登録の適用事業所所在地」に限定させていただき、より安全性を強固にした運営をさせていただくこととなりました。 (※誤送/郵便事故防止の観点)

2022年4月1日の個人情報保護法大幅改正により、基金からの送付物及び、法人様からの送付物(届出メール含む)についても、個人情報を記載した書類の送付について、最大限の安全を考慮することが必須となりました。

簡単ではございますが、改正の概要は以下の通りです。

・個人情報保護観点における、私的年金分野(弊基金)からの個人情報を記載した送付、管理の厳格化
・メール、郵送等での事業所からの送付物については、送り主(担当者様)の特定を行うこと

今後も「安心・安全」な基金運営をするため、ご理解ご了承の程、よろしくお願いいたします。
口座振替依頼書をご提出ください
2022年6月引落し分(5月分掛金)より、収納代行会社を現在の「第一生命カードサービス株式会社」から、「株式会社日本共同システム」に、準備が整った事業所様から順次切り替えます。これに伴い、全事業所のみなさまから「口座振替依頼書」を改めてご提出いただく必要がございます。

「収納代行会社変更に伴うお手続きのお願い」はこちら

4月上旬に、該当する事業所様宛に「口座振替依頼書」を郵送しておりますのでご確認ください。なお、本年3月15日付ではぐくみ基金にご加入いただきました事業所様には、6月以降、「口座振替依頼書」をお送りいたします(本年4月以降にご加入いただきました事業所様は、既に切り替え済みですのでお届け不要です)。

「口座振替用紙」はこちら

「口座振替用紙記入例&取扱い金融機関一覧」はこちら
事業所名や所在地の変更はございませんか
事業所名や所在地が変更された場合、基金は厚生労働省に「規約変更」の届出をすることが法令で定められております。これらの変更がございましたら、忘れずに基金事務局にご一報ください。
事業所名や所在地が変更された場合は、まず日本年金機構(学校法人の場合は私学共済)にお届けいただき、日本年金機構(私学共済)から発行される「適用事業所所在地名称変更通知書(学校法人の場合は「学校法人等異動連絡書」をお受け取りください。この書類の写しを添えて、「届出事項訂正・変更届(事業所項目)」を基金事務局宛にお届けください。
※電子申請等の事情で日本年金機構から上記書類が発行されない場合は、基金事務局までご相談ください。
 重要 】確認書の返送について
毎月の納入告知書類に「確認書」が同封されていた際は、送付月の末日までに基金宛にご返送をお願いいたします。異動がない月には「確認書」は同封しておりません。

※確認書…取得/喪失/変更等、異動が発生した月のみ、御社より基金へお届出いただいた内容に、相違が無いかをご確認いただく為にお送りしております、極めて重要な書類でございます。(異動がない月には「確認書」は同封しておりません。)

昨今の事業所数の急拡大に伴い、内部統制強化を目的とし、今後につきましては、確認書の返送をいただけない場合、送付月翌月以降の届出処理は、確認書の到着を以って進めさせていただきます。

加入者様への円滑な給付処理のためにも、確認書が届きましたら、可及的速やかに内容をご確認いただき、事務局までご返送をお願いいたします。
ご理解、ご協力賜りますよう、宜しくお願いいたします。
【 重要 】過去に遡ってのデータ登録・修正等の処理について
従前よりお伝えしております通り、総合型基金の管理体制における、監督官庁からの指導が非常に厳しくなってきております。
特に、過去に遡っての対応については、『確定給付企業年金法施行規則 第2章』の内容に基づいた運営を徹底する方針で指導を受けております。

 ※第2章には、「事業所からの届出は、事由発生から30日以内に行うこと」と明記されております。 
今後、法令に遵じた健全な運営を行う為にも、期限を過ぎての受領は受け付ける事ができません。
各種お届出については、法令の通り、可及的速やか(30日以内)にご提出頂きますよう、懇願申し上げます。

ご理解、ご協力賜りますよう、宜しくお願いいたします。

<ご参考>
【確定給付企業年金法 施行規則】
≪加入者等の得失(資格取得/資格喪失)について≫
第二章 加入者等
(基金の加入者の資格取得の届出)
第二十二条 基金型企業年金(法第二十九条第一項に規定する基金型企業年金をいう。以下同じ)の事業主は、その使用する者が法第二十六条の規定により基金の加入者の資格を取得したときは、 三十日以内に、次に掲げる事項を基金に届け出なければならない。
(基金の加入者の資格喪失の届出)
第二十三条 基金型企業年金の事業主は、その使用する基金の加入者が法第二十七条の規定により加入者の資格を喪失したときは、三十日以内に次に掲げる事項を基金に届け出なければならない。
届出書記載の注意
誤った記載の届出書のご提出が増えています。
ご記入の際に、今一度記載のルールのご確認をお願いいたします。

 <よくある記入ミス例>
①加入者様の基本情報の記載誤り
 ・お名前の漢字の誤り 例)千恵子、千絵子
 ・基礎年金番号
 ・生年月日…年号の誤り、お日にちの誤り
 ・性別

②資格喪失日の記載誤り
 資格喪失日の記載誤りが目立ちます。下記ルールでのご記載をお願いいたします。
 ・48,49(退職)
   …資格喪失日は退職日の翌日
 ・42(休職)
   …資格喪失日は休職日と同日
 ・43(転出)
   …資格喪失日は転入先の資格取得日と同日(退職日は記載なし)
 ・47(70歳到達、厚年非適用)
   …資格喪失日は退職・休職日と同日(定年を迎える日)

③資格取得日の記載誤り
 資格取得日ははぐくみ基金への加入日をご記載ください。
(社保の資格取得日ではありません。また、給与の支払い日とも関連性はありません)
改姓された方の脱退一時金受取書類の書き方について
基金加入時に登録した姓から改姓された場合、一時金受取の書類は下記のいずれかにてご対応ください。

①加入時の姓でご記入いただく
②事業所様より「届出事項訂正・変更届(加入者項目)」をご提出いただき、一時金受取書類には改姓後のお名前でご記入いただく

ただしどちらの場合も、「添付いただく本人確認証と姓が一致している」必要があります。                                 例えば①の場合、本人確認書類で改姓後の姓しか確認できない場合にはお手続きが出来ず、必然的に②のご対応をいただくこととなりますのでご注意ください。
また②の場合、改姓による登録変更手続きのため、お支払いまで通常よりお時間をいただきますのであらかじめご了承ください。
事業所の追加、登録情報に変更があった場合の届出・ご連絡のお願い

基金に登録している厚生年金適用事業所の名称・所在地・事業主に変更があった場合には基金宛て届出をお願いします。      
また、新園の追加等により、適用事業所の追加がある場合には別途、加入のお手続きについてご案内しますので基金宛てに         ご連絡ください。                                                                                                                                                         

※お届けの際は、日本年金機構から発行される「適用事業所所在地名称変更通知書」または私学共済から発行される「学校法人等異動連絡書」をお送りください(写しで結構です)。

また、新園の追加等により、適用事業所の追加がある場合には、別途加入のお手続きについてご案内いたしますので、基金宛てにご連絡ください。
資格取得届ご提出時の基礎年金番号記入のお願い

加入者資格取得届のご提出時に基礎年金番号が未記入のものがあります。法令上、基礎年金番号の登録は必須となっておりますので、
基礎年金番号が判明するまでは加入者としての登録ができません。ご注意ください。

1. 口座振替日(掛金引落日)

旧収納代行会社:9月28日(水) (8月分掛金)
新収納代行会社:9月22日(木) (8月分掛金)

口座振替明細書は毎月振替月の18日頃に発送します。

2. 事務〆切日(書類提出日)

9月15日(木)※原本必着

【次月以降の事務〆切日】

・10月事務〆切日:10月14日(金)※原本必着※→7月8月に掲載いたしました内容に誤りがございました。変更しております。                                                   
・11月事務〆切日:11月15日(月)※原本必着※

【書類提出時のご注意点】
基礎年金番号や生年月日の間違えが多くなっております。 記載内容を十分ご確認の上ご提出をお願い致します。
※当月事由発生分までのお届書類をご提出下さい。                                                 

※「事務〆切日」…当月分の掛金計算を行う届出書類受入れの締切日です。この日を過ぎますと、翌月分の掛金での計算となります。                                        ※事務〆切日までにご提出いただきましても、不備・不足がありました際には翌月の処理となる場合があります。                       ご理解ご協力の程何卒宜しくお願いいたします。

3.給付金支払日

【当月】2022年9月 2日(金)( 2022年8月 8日(月)時点での当基金での確認完了分)
            2022年9月 9日(金)( 2022年8月16日(火)時点での当基金での確認完了分)
            2022年9月16日(金)( 2022年8月23日(火)時点での当基金での確認完了分)
      2022年9月27日(火)( 2022年8月30日(火)時点での当基金での確認完了分)

          
【次月】2022年10月4日(火)( 2022年9月  6日(火)時点での当基金での確認完了分)
            2022年10月12日(水)( 2022年9月13日(火)時点での当基金での確認完了分)
            2022年10月18日(火)( 2022年9月20日(火)時点での当基金での確認完了分)
      2022年10月25日(火)( 2022年9月28日(水)時点での当基金での確認完了分)
           
【脱退一時給付日の〆切日に関しての注意点】
※〆切日までに退職しており、基金にて喪失届の事務処理が完了している方が、給付の該当者となります。
※〆切日までに請求書をご提出いただいても、基金の登録情報と相違している場合は該当者とはなりません。

4.お手続きのご案内

【入社】

◆手続方法:資格取得届
◆詳  細:新たに入社された方や、厚生年金被保険者となった職員様で、基金への加入をご希望の方については、左記の事由発生より可及的速やかに、「加入者資格取得届(新規)」に必要事項をご記入の上、基金まで送付ください。

なお、法令に基づき、“得喪(資格取得/資格喪失)事由発生から30日以内”でのお受付のみとなっております。
ご了承ください。

※注意事項※

掛金額は、第1基準給与月額欄にご記入ください。ただし、会社加算掛金がある場合、会社加算掛金を第2基準給与月額欄に分けてご記入ください。

【退職・休職】

◆提出書類:加入者資格喪失届 
◆詳  細:当月末までの退職者・休職者が発生した場合は、左記の事由発生より可及的速やかに、「加入者資格喪失届」に必要事項をご記入の上、基金まで送付ください。
なお、法令に基づき、“得喪(資格取得/資格喪失)事由発生から30日以内”でのお受付のみとなっております。
ご了承ください。

   また、脱退一時金の受取方法選択書、その他必要書類をご準備の上、速やかに送付ください。
   必要書類詳細については、「資格喪失時必要書類チェックシート」をご確認ください。
 
一時金を受け取る場合の必要書類 (必要書類はこちら)
【事業所にてご準備いただくもの】
  1. 加入者資格喪失届
  2. 退職所得の受給に関する申告書・退職所得申告書(本人記入分有り)
  3. 「退職所得の源泉徴収票」の写し(法人、中退共、共済会等から退職金がある場合)
【ご本人にてご準備いただくもの】
  1. 脱退一時金の受取方法選択書
  2. 脱退一時金裁定請求書
  3. 資格喪失者の基金加入者証
  4. 運転免許証の両面の写し、住民票または戸籍抄本(原本、記入日より3ヶ月以内)のいずれか
  5. 振込先金融機関の通帳の写し(銀行名、店名、口座番号、口座名義が確認できるもののコピー)

※注意事項※

資格喪失日は退職日の翌日、休職開始日、死亡日の翌日のいずれか該当する日をご記入ください。
(例)2022年9月30日退職の場合→資格喪失日2022年10月1日
資格喪失日が9/1~9/30(8/31~9/29退職)の場合、掛金の最終引き落としは
 旧収納代行会社:2022年9月28日(8月掛金)新収納代行会社:2022年9月22日(8月掛金)となります。
資格喪失日が10/1(9/30日退職)の場合、掛金の最終引き落としは
 旧収納代行会社:2022年10月28日(9月掛金)新収納代行会社:2022年10月24日(9月掛金)となります。

【その他諸変更】

下記の変更について、既にご変更されているが通知していない、もしくは今後ご変更の予定がある場合は変更日とあわせてご連絡ください。
  • 厚生年金適用事業所名称・住所の変更
  • 担当者およびその連絡先の変更
  • 代表者変更
  • 加入者情報の変更(氏名変更・生年月日訂正等)
  • 口座情報の変更
各種変更に伴う届出用紙につきましては、「届出様式(こちら)」のページよりダウンロードしてください。

【ご留意点】

・当事務のスケジュールは毎月配信いたしますが、加入者に変更がない場合は、手続きは必要ございません。
   ご不明な点がございましたら、当基金へお問い合わせください。 どうぞよろしくお願いいたします。
 
【福祉はぐくみ企業年金基金 事務局 問合せ先】
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9-9 三廣ビル9階
福祉はぐくみ企業年金基金 事務局
TEL:03-6709-8727
MAIL :kikin@hagukumikikin.jp